家族が亡くなったとき|葬儀の後の遺品整理やお墓について

葬儀

少子化・核家族で多種多様

葬儀

人がなくなったときに、葬儀のつぎに問題となるのがお墓です。現在は様々な家庭の事情によりお墓もとても多様化しています。一昔前までは、お墓はお寺の敷地内にあったり、霊園の中にあったりして、一つ一つ一定の広さの敷地に墓石が均等感覚で並んでいるのを思い浮かべる人も多いと思いますが、少子化問題で子供の居ない夫婦も増えたため、夫婦二人だけのお墓や家族の墓など、継承者がいなくても個人単位でお墓を持つ時代になりました。他にも、都内で生活をしているために霊園までは距離がある場合は、集合型のお墓を選択する人も増えています。人だけでなくペットのお墓もある時代です。

自分にあった適切なお墓選びはどうすればよいのでしょうか。地方で生活をしていて先祖代々のお墓に入る予定なら考える必要はないと思いますが、都内で生活する人にとってはいつか考えないといけない問題です。現在都内には、大きく分けて公営、民営、寺院によるお墓があります。それぞれにメリットとデメリットがあって、一概におすすめできるものではないので、自分の足で実際に現地に赴き、業者の話を伺うことが大事になるでしょう。コンサルティング会社による都内のお墓の平均的な値段は300万円です。とても高い買い物なので、勢いだけで決めてしまわないことです。きちんと話し合いの場を設けて、自分の感じている疑問点や不安を業者にぶつけましょう。そのすべてを解消し、きちんと納得した状態で購入することがお墓選びには大事になるでしょう。